つくばエクスプレス沿線のまちづくり > TX沿線のまちづくりインタビュー > 【第12回】有限会社 守谷すたいる

【第12回】有限会社 守谷すたいる


守谷すたいる

守谷を日本一の街にしたい、そんな市民の思いから生まれた会社が有限会社守谷すたいるです。きっかけとなったのは、平成16年に茨城県と守谷市が行った異業種交流のワークショップ。その翌年にはワークショップに参加したメンバーを中心に、市内で事業を営む25名の有志によって「守谷すたいる研究交流会」が結成されました。そして、TXの開通を守谷の元気につなげていこうと、市民出資による街づくり会社「有限会社守谷すたいる」が誕生しました。

このようなコンセプトのビジネスは、中心市街地活性化法によって導入されたTMO(タウンマネジメントオーガナイゼーション)という第3セクター形式など、行政よりの組織で運営されることが多くみられます。しかし有限会社守谷すたいるは、助成金等に依存しない、稼ぎながら街づくりを進めている純粋な民間会社です。この特徴ある事業について代表の瀬尾義勝さんにお話をうかがいました。

 

■ 会社設立の目的と、現在の営業内容について教えてください。

守谷すたいる店舗

実は地元で事業経営をしている仲間たちには、TXの開通で守谷の街が空洞化してしまうのではないかという不安がありました。そこで、守谷ブランドを発信していくことで、街の活性化につなげていこうと会社を設立したわけです。ですから出資者も出店していただいている方も、さまざまな業種の方が関わっています。またこのような事業は、空き店舗の活用などシャッター街に出店することが多いのですが、私たちは稼ぎながらその収益で活性化を図っていこうということもあって、TX守谷駅に店を出しています。

現在、守谷すたいるが商品を取り扱っている市内のお店は、洋菓子・和菓子店、こだわり食品のお店、パン屋さん、お土産品店、農産物販売店、手作りアート・雑貨店など多岐にわたっています。

 

 

■ お店のコンセプトはどのようなものですか。

駅前に賑わいをつくりだすために「スイーツの街・守谷」を目指そうというのが創業のコンセプトです。そこで「守谷スイーツ&物産館」としてショップをオープンしました。オープニングイベントでは、守谷すたいるのシェフの競演として、市内の洋菓子店、和菓子店、パン店などの協力をいただいて多くのスイーツを取り揃えたほか、地元で評判の低温殺菌牛乳を使ったオリジナルのソフトクリームやヨーグルトも販売しました。来店された遠方のお客さまから、美味しかったのでパンやヨーグルトなどを送ってほしいとご注文をいただいたこともありました。このような声はとても嬉しいですね。

また、大子町のりんごなど県内の特産品を扱ったこともあります。地元の方にはたいへん好評でした。できれば、守谷すたいるとして、県の特産品や情報の発信源になれば、すばらしいと思っています。

 

守谷すたいる店舗 守谷すたいる店舗 守谷すたいる店舗

 

■ 定期的に開催しているイベントなどがあれば教えてください。

販売に関連するものでは、改札の前で週3回のワゴンセールや、毎月第1日曜日に青空市を駅前広場で行っています。また季節ごとに、駅をこいのぼりやクリスマスツリー(キャンドル)で彩るイベントを開催し、守谷駅前の賑わいを創出してきました。守谷には観光地と呼べる場所が少なく、人が集まるのは商業施設や駅周辺ですので、このようなイベントの位置づけは大切だと考えています。

 

■ TX沿線のまちづくりについては、どのようにお考えですか。

守谷すたいるとは、TX沿線の中で「小粒ながら、スパイスの効いた上質な暮らしスタイル」と、「自然と都会が融合した田園都市」をまちづくりブランドイメージとして,ネーミングにこめています。よく交通網が整備されると、大都市にお客さまが吸い取られてしまうストロー現象というものがあると聞きます。人口が増加していても地元で買い物をする方が減ってしまっては、意味がありません。効率だけを優先したどこにでもあるような街にするのではなく、個性と魅力ある街づくりというものを期待しています。それに、守谷すたいるというビジネスモデルは、必ず貢献できるのではないかとも考えています。

 

■ 今後の目標を教えてください。

瀬尾義勝代表

設立の目的でもある、民間発想による賑わいのある街づくりを実現していくのに、守谷というブランドを確立して全国に発信することが大きな目標です。そのためにも守谷すたいるとして、地域の食材を使った地場の特産品とよべるものを開発していくことや、守谷の文化や魅力、さまざまな情報を発信する拠点になっていきたいですね。

 

 

 

 

 

■有限会社 守谷すたいる

住所 〒302-0115
茨城県守谷市中央4丁目9番地 TX守谷駅1階
営業時間 午前9時~午後8時
TEL・FAX 0297-45-0046
ホームページ http://moriya-style.net/

 

バックナンバーはこちら

TX沿線のまちづくりインタビュー