つくばエクスプレス沿線のまちづくり > TX沿線のまちづくりインタビュー > 【第15回】キッチンリゾート ソヌーテ

【第15回】キッチンリゾート ソヌーテ


キッチンリゾート ソヌーテ

 

平成22年につくば市新庁舎が移転したことにより、今や研究学園都市の副都心機能を担うまでに発展した「研究学園駅」エリアと、圏央道とのアクセスもよく、利便性と緑豊かな自然環境を兼ね備えた立地が魅力の「万博記念公園駅」エリア。この両駅の間にはつくばの主要道路である土浦学園線が走り、その沿線にはクレオやLALAガーデン、山新グランステージなどの大型商業施設が並ぶほか、研究学園駅近くにアメリカ生まれの大型会員制商業施設が夏頃にもオープンすることで注目を集めるなど、発展著しいエリアです。
今回は、そんな研究学園駅と万博記念公園駅のちょうど中間あたり、土浦学園線から側道へ一本入った場所に佇む隠れ家的レストラン『キッチンリゾート ソヌーテ』のオーナーシェフ野口さんにお話をうかがいました。

キッチンリゾート ソヌーテ当店のオープンは平成19年の7月ですが、計画自体はもっと前からはじめていて、土地探しだけでも4年近くかかったと思います。そこまで立地にこだわった理由は2つあり、ひとつめは「商売をするならつくば」という想いがあったこと、もうひとつはリゾート的な雰囲気を感じていただける店をつくりたいという想いがあったことです。また、「つくばでありながら都心すぎない場所」という条件に合う土地を見つけても、つくば周辺は今後の発展、つまり土地としての価値の成長が見込める地域なので簡単には売ってもらえないケースも多く、土地探しには本当に苦労しました。
なぜそこまでつくばにこだわったかというと、私の出身地である筑西との行き来ができるという距離的な理由もありますが、やはり街としての発展性に期待や魅力を感じた部分が大きいですね。実は当社ではこの『ソヌーテ』の他に、地元・筑西市にある有形文化財の建物を利用した『食の蔵 荒爲(あらため)』という和食店も運営しているんです。新店舗を出すなら同じ筑西市内のほうが効率的ではあったのですが、それ以上につくばの商圏としての魅力のほうが大きかったのです。加えて、地元の縁故に頼らず、新しい土地で挑戦してみたいという気持ちもありました。

研究学園都市として、産学官が連携して目覚ましい発展を遂げてきたつくば市。近代的な都市計画に基づいた街づくりによって整備された碁盤の目の道路や美しい並木、大きな公園も多く、充実した都市機能と豊かな緑を兼ね備えた環境は、研究機関や企業にとってはもちろん、暮らす人にとっても大きな魅力。TXの開通によって都内とのアクセスもぐっと便利になったことで、『商圏』としての魅力はより高まっているようです。

キッチンリゾート ソヌーテ私は元々和食の料理人として働いていましたが、時代の流れと共に和食一本、そして外食産業だけでやっていくことに限界を感じ、仕事の幅を広げるため平成12年に委託給食サービス事業を始めました。クライアントである事業主と、直接のお客様である給食を召し上がる方々、その両方の満足を得るというのは想像以上に難しい課題でしたが、月イチの行事会などのときにこれまでの経験を活かした特別感のある食事を提供するなどの工夫で好評価をいただき、小規模でのスタートでありながら5年後に「スパイスカルテ」という社名で法人化するまでに成長できました。
高齢者施設の給食事業への新規参入など、事業主として多忙な毎日を送っていたのですが、30歳のときにまとまった休暇をとれる機会があり、知人の勧めでタイのサムイ島へ旅行に行ったことがこの『ソヌーテ』をオープンするきっかけとなりました。それまでタイ料理は自分には合わないと思っていたのですが、現地で食べたタイ料理は本当においしくて、まさに目から鱗が落ちたような衝撃をうけました。料理以外にも、現地の方々の人柄や文化、美しい海や自然環境など、すっかりタイの魅力にとりつかれてしまい、日本でこの味と雰囲気を楽しめる店をつくりたいと感じて、『ソヌーテ』の開業計画がスタートしたんです。

キッチンリゾート ソヌーテ日本に居ながら、プーケットで感じたリゾートの雰囲気やおいしいタイ料理を満喫できるレストランがつくりたい—そんな夢の実現を、つくばという土地に懸けた野口さん。駅からの徒歩圏内ではないためTXによる直接的な集客効果を見込んではいなかったものの、商圏が中央から西側へ移ってくるのでは、という予感はあったそうです。そして狙い通り、『ソヌーテ』はおいしい料理とリゾート気分が味わえるレストランとして、遠方からのリピーターも通う人気店になりました。

キッチンリゾート ソヌーテこの辺りのレストランは、フレンチやイタリアンが中心。「タイ料理」と前面に出してしまうと客層を制限してしまうかもしれないと思い、あえて店名や看板で「タイ料理」とはうたわず、リゾートの雰囲気が楽しめるレストランを目指しました。ガーデンに池を設えたり、インテリアもタイで調達するなど演出にこだわり、「辛い」「クセがある」というタイ料理のイメージを払拭するよう日本人に合わせた味づくりを心掛けることで、雰囲気の面でも味の面でもご好評をいただいています。ペットの入店をOKにしているので、ワンちゃん連れのお客様にも喜んでいただいていますし、パーティや二次会のニーズも増えています。 現在は住まいを研究学園駅の近くに移しましたが、筑西の知人や仕事仲間と話していると、「つくばに来たい」という声も多く聞きますし、実際に私と同じように「つくばで店を出した」という人もいます。まだまだ発展していく伸びしろのある土地だと思うので、TXには是非東京駅までつながって欲しいですね。また、企業招致にもっと力を入れれば、より元気な街になっていくのではないかと大きな期待を持っています。

 

■キッチンリゾート ソヌーテ

住所 〒300-2653
茨城県つくば市面野井171-1
TEL 029-858-1338
ホーム
ページ
http://sonute.com

 

バックナンバーはこちら

TX沿線のまちづくりインタビュー